自宅映画の理想と現実

VOD(動画配信サービス)を使い始めてから、映画はほぼ100%自宅で鑑賞している。

逆に映画館のスクリーンで観る機会は激減してしまった。寂しいけど、VODの利便性を一度体験してしまうとしかたない。“水は低きに流れ、人は易きに流れる”って言葉があるように、人は(自分は)便利な方(楽ちんな方)を選んでしまうのだ……。

ただ、VODとはいえ映画好きなら自宅の視聴環境にはこだわりたい。テレビやサウンドバーから理想であり憧れのホームシアターセットまで映画観賞周りの欲望は尽きない。が、すべては部屋と予算しだいだし、なにより“嫁の許す限りにおいて”だけれど……。

というわけで、いつの日か憧れのホームシアターを手に入れるのだ!って願いを込めて、VODメインな俺の実際の視聴環境についてまとめてみました。現実から理想へw

テレビ

映画観賞で一番こだわりたいテレビは、2012年頃に買った「パナソニックのプラズマテレビ」だ。

パナソニック ビエラ プラズマテレビ(TH-P42VT3)

当時、すでに液晶テレビが攻勢でプラズマテレビは劣勢。プラズマは高くて暗いから安くて明るい液晶に押されていた。でもやっぱり、映画好きとしては黒が沈むプラズマ一択だった。ほんとはパイオニアのKUROシリーズが欲しかったけど予算的に手が届かなかったw

映画を観るときは部屋の電気を消して(できるだけ暗くして)深く沈む黒色を堪能している。プラズマテレビは室内のライトなどが反射で映りこむので、部屋を暗くしないと画面に集中できない。なので昼間よりは夜間での映画観賞がおすすめだ。

今思いだしたけど、購入して数時間足らずでよちよち歩きの長男のフォーク攻撃で画面を傷つけられたのはいい思い出w

もし買い換えるなら……

高画質の有機ELテレビしかない。それも、パナソニック ビエラ 有機ELテレビ「TH-55GZ2000」一択だ。

各社の有機ELテレビはどれもLGが製造・供給してるパネルを使っているので、画質は似たり寄ったりなのが実状。だがしかし!パナソニックのVIERA「TH-55GZ2000」はLGパネルを使いながら自社で独自に設計した構造・素材をディスプレイに採用することで、圧倒的な明るさとコントラストを実現しているところが魅力だ。

ゆえに、映画好きなら気になる「黒」の表現力も秀逸。パナソニックは同じ自発光デバイスのプラズマディスプレイで培った技術や、パイオニアKUROのノウハウを取り込むことで深い黒を実現している。家電量販店でも他メーカーの有機ELテレビと黒の深さを比べてみても違いは一目瞭然だ。マニアックだけど映画好きなら大事なところだ。

もちろん、コスパ的には液晶テレビに劣る。それでも、映画視聴や画質、黒へのこだわりがあるなら有機EL、それもTH-55GZ2000しかない!まして、プラズマテレビからの買い替えならなおさらだ。有機ELはまだまだコストや焼付きの問題が懸念とはいえ、画質を追い求めるなら有機ELを選ぶべしだ。

サウンドバー

薄型テレビの弱点である音を補うサウンドバーは、ソニー サウンドバー(HT-X8500)だ。

2019年春、愛用していたパイオニアのサウンドバー(HTP-SB550)が突然の故障。サウンドバーが無い状態のテレビの音は貧弱すぎてとても耐えられない。ていうか音が聞こえない。すぐにサウンドバーを調べまくって、発売直後だったソニーのサウンドバー(HTP-SB550)を購入した。

購入のポイントは、テレビの前に置けるすリプでコンパクトなバータイプであること。近所迷惑になるので重低音は優先度下げてウーハー無しであること。さらに、最新の音声フォーマット「ドルビーアトモス」「DTS:X(R)」などに対応してることだった。

フロントスピーカーだけで、3次元の立体音響を実現するサラウンドが売り。実際は、音量をそこまで上げられないので包み込まれるような臨場感は味わえてないけど、低音は思ってたより響くし映画を観るには十分な迫力。これはいい買い物だった。

もし買い替えるなら……

今はこれといった商品がない。バー単品となるとYAMAHAのYASシリーズが対抗だけど、HT-X8500と比べて優位性がない。それなら低音重視でウーハーモデルに惹かれるけど、狭小住宅な今の部屋だと嫁OKが出ずどうにも難しい……。

もしウーハーがOKとなるなら、パナソニックのVIERA「TH-55GZ2000」との相性も考慮しつつ、3.1chで構成された中高音と台詞の聞きやすさを重視して、パナソニックの「SC-HTB900-K」を選択したい。予算高めだけど有機ELテレビ購入と同時ならなんとかごまかせるのではと。無理かw

VOD端末

メインで利用しているVOD(動画配信サービス)がAmazonプライムビデオなので、その視聴体験をより良くしようと購入したのが、ボックス型「Amazon Fire TV」だ。テレビのメニューよりも圧倒的に使えるのでかなり重宝している。

ボックス型「Amazon Fire TV」とスティック型「Fire TV Stick」で悩んだけど、処理速度を期待してボックス型を購入。実際、操作感はサクサクでUIも文句無し。でも最近やたらともっさりしてきてる気がするのは気のせいだろうか……?

地味に便利&目から鱗だったのが音声認識リモコン。正直検索画面からの文字入力は使いづらいので音声認識はありがたい。子供らにいたっては音声での検索がデフォルトになっている。これがデジタルネイティブか……w

もし買い換えるなら……

テレビが4Kになるので、4K対応の最新の「Fire TV Stick 4K」だろう。4K Ultra HDコンテンツを最大60fpsまで対応してるし、ドルビーアトモス対応のスピーカーに繋げば迫力あるサウンドが楽しめる。なにより、リモコンに音量調整ボタンが付いたのがでかい!今使ってるやつはなんで音量ボタン付いてないのか不思議だw

Blu-rayレコーダー(プレイヤー)

※作成中

まとめ

というわけで、自宅で映画を観るさいの視聴環境(現実と理想)でしたー。