ゴジラ−1.0

ゴジラ−1.0

いや面白かった! 周りで観た人みんな低評価だったし、巷のレビューも賛否割れてたけど、ぜんぜん面白かった!ゴジラは凶悪でVFXもかなりリアルで頑張ってる。戦後日本と特攻崩れの設定でゴジラ映画の反核・反戦メッセージを上手く伝えてたし、敷島役の神木くんの熱演は胸に迫るものがあったよ。ゴジラ映画としては『シン・ゴジラ』と方向性が違えど並び立つ良作だと思うけどな。息子も大満足だ。日本映画もまだまだやれる!

ここからネタバレあり!

思うに、いろいろ賛否盛り上がってるけど、その根底にあるのは、時代背景が戦争直後でかつ特攻が絡んでるからという気がしてならない。もちろん、映画のテーマは反核であり反戦なんだけど、そもそも戦争と特攻を頭から忌避する人たちからすると、どうしても受け入れられない!って話なんじゃなかろうか。知らんけど。

あと、戦後GHQに軍隊を解体された日本と占領者であり日本を保護すべき米国のどちらも日本を守る力もその気もない状況で、兵隊あがりの民間人ら自らがゴジラを退けようとするって設定も実に味わい深い。個人的には、自分の国は自分で守ろう。外国は守ってくれないよ。という現代日本へのメッセージだと思ったわ。

主人公の名前が「敷島」なのも、レイテ沖海戦にで最初の神風特別攻撃隊となった「敷島隊」を当然のごとく想起させるよなー。これは間違いなく意図したんだろうし、確かに『永遠の0』との流れを感じなくもない。とにかく、敷島隊の隊長だった関行男海軍中佐は、同郷同窓の先輩なんでね。胸に迫るものがあったよ…。

それはそれとして、俳優陣の演技が過剰だ!説明台詞が多すぎ!って意見も多いけど、俺はそこまで気にはならなかったけどなあ。ただし、佐々木蔵之介以外はな!w。まあ演出だから仕方なかったんだろうけど。神木くんの熱演は素晴らしかった。イイ役者になったなー。

よくある突っ込みで、銀座でゴジラの爆風から典子が敷島を助けようとするシーンで、一緒に逃げる余裕あっただろ!ってやつ。これはもう突っ込むほうが野暮ってもんで、咄嗟の行動ゆえに典子の敷島への感情が吹き出したんだ!と思えばいいと思うよ。

ただ、典子には生きててほしくなかったなー。生きててこその大団円ではあるんだけど、そこはやっぱり死んでいてほしかった。典子の死があったからこその覚醒敷島だったわけだし。ゴジラの恐怖とか惨状もより際だったのにと。惜しいなあ。

とまあいろいろ言うとりますが、そもそも怪獣映画なんでね。楽しく観るが良しだし、実際面白かったよ。

あ、あとこれだけは注意で!ゴジラのIMAX上映は上下左右が黒くなる額縁上映なのでおすすめしない。大体、IMAXカメラで撮影されてないのにIMAXスクリーンで上映するのはどうかと思うな。なので、今回はバルト9のドルビーシネマ上映で鑑賞しました。音と黒が最高だった!

ゴジラ-1.0(2023)
監督:山崎貴
出演:神木隆之介, 浜辺美波, 山田裕貴, 吉岡秀隆, 佐々木蔵之介

使ってる動画配信サービスを紹介!(2023年5月版)> 
利用中の動画配信サービス(VOD)をご紹介。イチオシは…。

映画好きなら有機ELテレビこそが最強!(2023年4月版) >
映画好きなら自宅でも映画館気分に浸りたい。イチオシは…。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東京在住映画好きアラフィフ男子。好きな映画1位は『ゴッドファーザー』。最近はもっぱらVODでの鑑賞がメイン。でもやっぱりスクリーンで観たい。息子を映画好きにする計画実践中!

目次