ブレードランナー ファイナル・カット

ブレードランナー ファイナル・カット

公開中の『ブレードランナー 2049』の予習として久々に見てみた。さすがはSF映画史に残る超名作。何度見ても面白い&素晴らしい。最後の印象的なシーン、ルトガー・ハウアー演じるレプリカント・ロイ・バティーの台詞はハウアーのアドリブと言われてるけど、実はそうじゃないって意見もあって面白い。

近未来SFの代表作&教科書としてフォロワーが絶えないブレランの映像や世界観は、フランスの漫画家メビウスや、エンキ・ビラルをイメージしたり参考にしたらしい。なるほどビラルっぽさはわかる気がするなー。

車や都市など作中の工業デザインや、全体のビジュアルはシド・ミードが担当。シド・ミードはターンエーガンダムの印象が強すぎてアレだけど、未来的デザインはめちゃくちゃカッコイイし、ブレランの退廃的な世界観はミードの影響なのだ。ターンエーガンダムも今見るとちょっとカッコイイかも?なんて思えてしまうから不思議だなw

ー ブレードランナー ファイナル・カット
Amazon: Prime Videoで観る >
Amazon: Blu-rayで観る >

利用している動画配信サービスからおすすめのVODを紹介。イチオシは…。
おすすめ動画配信サービス!>

映画好きならコダワリたい自宅の視聴環境まとめ。憧れはホームシアター。
自宅でも映画館気分!>

  • URL Copied!

この記事を書いた人

東京在住映画好きアラフィフ男子。最近はもっぱらVODでの鑑賞がメイン。でもやっぱりスクリーンで観たい。息子を映画好きにする計画実践中!

目次
閉じる