華麗なるギャツビー

華麗なるギャツビー

バズ・ラーマン監督らしい濃密な映像体験に浸れる作品。CG丸出しなシーンが多いのもラーマン節でご愛嬌か。恋ゆえの成上りは資本主義の象徴でもあるのか。冒頭の大騒ぎパーティーでディカプリオ演じるギャツビーが登場するシーンが正直一番盛り上がった&出落ち感半端ないと思うのは俺の理解不足?

ー 華麗なるギャツビー
Amazon: Prime Videoで観る >
Amazon: Blu-rayで観る >

テスト

ああああ

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京在住映画好きアラフィフ男子。最近はもっぱらVODでの鑑賞がメイン。でもやっぱりスクリーンで観たい。息子を映画好きにする計画実践中!

目次
閉じる