21グラム

21g

21グラムは魂の重さ。そんなタイトルから既に重たそう~な雰囲気が漂う。そうしてやはり臓器提供の話だけに、ひたすら重た~い話が続く。でも重い話なりに色々と考えせられて見応えありまくりだ。ショーン・ペン、ナオミ・ワッツ、ベニチオ・デル・トロ。この3人の演技のぶつかり合いが凄まじい。

ペンやデルトロはもちろんだけど、ナオミ・ワッツは演技力あるよな〜。やっぱ演技は目だよ目!

でもちょっと時間軸いじり過ぎかな。最後まで観ればなんとなく理解できるけど、ここまで過去現在未来を行ったり来たりされると分かりづらい。それと手持ちカメラでの撮影もほどほどにしてくれ。酔う。

それにしても、シャルロット・ゲンズブールが出てきたのには驚かされた。さらに、ナオミ・ワッツって37歳なのか。デビッド・リンチ監督の『マルホランド・ドライブ』で陽の目を見た遅咲き女優。地味で幸薄そうな顔してるけど頑張って欲しい。

ー 21グラム
Amazon: Prime Videoで観る >
Amazon: Blu-rayで観る >

利用している動画配信サービスからおすすめのVODを紹介。イチオシは…。
おすすめ動画配信サービス!>

映画好きならコダワリたい自宅の視聴環境まとめ。憧れはホームシアター。
自宅でも映画館気分!>

  • URL Copied!

この記事を書いた人

東京在住映画好きアラフィフ男子。最近はもっぱらVODでの鑑賞がメイン。でもやっぱりスクリーンで観たい。息子を映画好きにする計画実践中!

目次
閉じる