エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス

everything-everywhere-all-at-once

三度も寝落ちしてやっとのことで鑑賞。なんでこれがアカデミー賞なんだ?多様性マシマシのぶっ飛んだ脚本でまさに混沌。正直面白くないし笑えないし残るものもなかった。かと思えば絶賛してる人もいたりして驚かされる。だからといってもう一回観ようとも思わないんだよなー。またこれを面白いと思えないとおかしいみたいな空気もうざい。でもこれ誰がなんと言おうと超マニア向けの作品でしょ。アカデミーもいろいろ限界だよな…。

ここからネタバレ!

つまるところ、家族の絆の物語で夫婦喧嘩と親子喧嘩のお話なんだよな。そこに今のアメリカが好むような多様性、同性愛、断絶みたいなのをぜんぶ放り込んで流行りのメタバースでカンフーアクションしてみたってノリの作品。

で、これが『スイス・アーミー・マン』のダニエルズ監督なもんだからしっかり下品ですよと。なんでアナルプラグなトロフィーを尻に刺したままカンフーせにゃならんのよw

とはいえミシェル・ヨーとキー・ホイ・クァンは確かに熱演だった。こんな奇想天外かつ破茶滅茶なキャラクターをよく演じきったよと思う。ほんとお疲れさまでしたって感じかな。主演女優、助演男優も慰労の意味もあったのかも?w

真面目な話をすると、もう少し時系列を整理してくれたら見やすかった(寝落ちしなかった)気がするなー。ただでさえミシェル・ヨー演じるエブリンがいろんなキャラクターを演じるから、今どのバースのどのキャラなのか迷子になりまくりだった。

繰り返すけどなんでこれがアカデミー賞を7部門も獲得したんだろうか…。それもSF映画として初の作品賞とかわけわからん。むしろ、これに作品賞あげるくらいなら『トップガン』にあげろよ。コロナ禍のハリウッドを救った大ヒット作品だろ。なんで視覚効果賞だけなんだよ。ほんとハリウッドわかってないよなー。

エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス(2022)
監督:ダニエル・クワン, ダニエル・シャイナート
出演:ミシェル・ヨー, ステファニー・スー, キー・ホイ・クァン, ジェイミー・リー・カーティス

使ってる動画配信サービスを紹介!(2023年5月版)> 
利用中の動画配信サービス(VOD)をご紹介。イチオシは…。

映画好きなら有機ELテレビこそが最強!(2023年4月版) >
映画好きなら自宅でも映画館気分に浸りたい。イチオシは…。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東京在住映画好きアラフィフ男子。好きな映画1位は『ゴッドファーザー』。最近はもっぱらVODでの鑑賞がメイン。でもやっぱりスクリーンで観たい。息子を映画好きにする計画実践中!

目次