ジョン・ウィック パラベラム

ジョン・ウィック パラベラム前作の直後だからジョン・ウィックはすでにボロボロ。それでも組織に追われ群がる暗殺者を無双しまくるタフさは健在で笑える。3作目でさらに進化したガン・フーもさすがにお腹いっぱいかなー。殺し屋ゼロは好きなキャラ。モロッコとソフィアの件は要らんな。まあ4作目も観るけどね。楽しみだw

ジョン・ウィックシリーズに何を求めるかといえば、やっぱりガン・フーをベースにした独創的かつスタイリッシュなアクションだよ。そういう意味では、3作目にしてさらに進化した多種多様なガン・フーは凝りまくり魅せまくりで大いに満足できた。

冒頭のナイフ(と手斧)での闘い。終盤のショットガンでの闘い。ガラスが砕け散る最後の戦い。どれもジョン・ウィックらしさ炸裂で最高の一言に尽きる。序盤の馬小屋での闘いで馬の後ろ足が炸裂するシーンは「あれ?コメディだったっけ?」って驚いたけどw。

キアヌのアクションは動きが遅いとか、周りのスタントが合わせてるとか、走り方が変だとか(ひどいw)、いろいろ言われてるけど、そこはよくやってるでいいんじゃないのかな。ノンスタントで頑張ってるんだし、射撃の練習もしっかりやってるんだし。

それはそれとして、モロッコの件は必要だろうか?ハル・ベリー演じるソフィアとジョンが2人で無双する見せ場も、犬をトッピングしてそれっぽい盛り上げを狙ったにしてもイマイチだ。てかハル・ベリー要る?無双するのはキアヌだけでいいよ……。

大量に消費されていく殺し屋の中では、寿司職人の殺し屋ゼロが白眉かな。カタコトの日本語に不安を感じつつも、ジョンとの激しい闘いの最中、ジョンの横に密着して座ったり、唐突に「大ファンなんだ」と語りかけるシーンは、ゼロの特異なキャラクターが際立ってて、コイツ好きだなーって。

なんだかんだと言ってるけど大好きなシリーズだし、おそらく完結するだろう4作目はどんなアクションで魅せてくれるのか。今から楽しみだー。

ー ジョン・ウィック パラベラム
Amazon: Prime Videoで観る >
Amazon: Blu-rayで観る >

テスト

ああああ

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京在住映画好きアラフィフ男子。最近はもっぱらVODでの鑑賞がメイン。でもやっぱりスクリーンで観たい。息子を映画好きにする計画実践中!

目次
閉じる