イコライザー

イコライザー

午後ローからの流れで観賞。よくある無双ものだけど面白かった! とにかくデンゼル・ワシントン演じるロバートが鬼神のごとき強さゆえ安心して観られることこの上なしだ。元海兵隊員でDIAの特殊工作員って肩書のくせにホームセンターで働きながら身の回りの小さなトラブルだけを解決していくとか萌えるわ。スローモーションを多用した演出や映像も痺れる。クライマックスは水も滴る益荒男っぷりでもう文句なしだよ。

 

ここからネタバレあり!!!

 

アクションは近接戦闘メインで、おじさんが無双するって意味では『96時間』にも似てるかな。ただのジジイかと思って舐めてかかったら実はラオウでした!ってノリは嫌いじゃない。観ててスカッとするこの爽快感。たまらん。

最後のホームセンターでの戦闘シーン、いい味出してたロシアン・マフィアで元KGBの敵役テディを、DIYよろしく釘打ち機で射殺。これで終わりかと思いきや、ロシアまで飛んでラスボスの邸宅を襲撃&殲滅する無双っぷりには開いた口が塞がらなかったw

ロバートの職場であるホームセンターでの戦闘シーンも、ホームの優位性をフル活用。砂利や有刺鉄線、電動ドリル、電子レンジなど、そこにある物をとにかく駆使して戦う姿に惚れる。相手の銃を奪えばすぐ終わるのにあえて銃を使わない。意味がわからん。でもそのこだわりが格好いい。

他にも、中盤のホームセンターでの強盗の件。レジの金と同僚の指輪を奪った強盗犯から、その日のうちに指輪を取り返したときに使ったであろう(たぶん撲殺している)お店のハンマーを、血痕を拭いただけで棚に戻すシーンが笑える。確実に頭おかしいだろw

さあ、次は『イコライザー2』だな。これも午後ローで途中まで観てしまったもんだから。

ー イコライザー(2014)
Amazon: Prime Videoで観る >
Amazon: Blu-rayで観る >

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる