ブラックブック

ブラックブック

ナチス占領下のオランダが舞台。と聞くとズッシリきそうだけどそこはバーホーベン監督。上質なサスペンスに仕上がってて大満足!ナチス=悪でレジスタンス=正義みたいな価値観を揺さぶる演出がバーホーベンらしくていいね。戦争に善悪なんてないんだよと。軍も怖いが民衆も怖い。戦争の業。人の業だ。

そしてヒロインのカリス・ファン・ハウテンに大量の糞尿ぶっかけという、どう考えても不要だろ的な過剰演出もバーホーベンだから許せる!さらにそのいヒロインが『ゲーム・オブ・スローンズ』の司祭メリサンドル役もやってたとは。その所業はともかく美しい人である。

ー ブラックブック
Amazon: Prime Videoで観る >
Amazon: Blu-rayで観る >

テスト

ああああ

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京在住映画好きアラフィフ男子。最近はもっぱらVODでの鑑賞がメイン。でもやっぱりスクリーンで観たい。息子を映画好きにする計画実践中!

目次
閉じる