CURE

CURE

日本映画のサイコ・スリラーの傑作。催眠術で人を殺人者にする間宮を追いながら自身も混乱していく刑事の高部。萩原聖人と役所広司の怪演がたまらない。理解しづらいとこも多いけどそれがまたいろんな解釈を生む余地となって楽しめる。廃病院からファミレスまでのラストは衝撃。何度も見返したよ……。

黒沢監督は、当時『Shall We ダンス?』や『失楽園』で飛ぶ鳥落とす勢いだった役所広司をダメ元でオファーしたら、脚本に惚れ込んだ役所広司が快諾したんだとか。

初期のタイトルは「伝道師」だったけどオウム真理教事件で誤解を招くって判断で『CURE』に変更されたらしい。意味は“治療する”や“癒やす”など。変更して正解だったなw

ー CURE
Amazon: Prime Videoで観る >
Amazon: Blu-rayで観る >

テスト

ああああ

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京在住映画好きアラフィフ男子。最近はもっぱらVODでの鑑賞がメイン。でもやっぱりスクリーンで観たい。息子を映画好きにする計画実践中!

目次
閉じる