イングロリアス・バスターズ

イングロリアス・バスターズ

ピット主演じゃなくてクリストフ・ヴァルツ主演の映画じゃないのか?ってくらいんい他の出演者をまるっと喰ってアカデミー助演男優賞まで取ったヴァルツの熱演が一番の見所。今年のアカデミー賞でもタランティーノの新作『ジャンゴ』で助演男優賞取ってたしノッてるなー。さすがのピットも存在感薄いw

スパイものだけに緊張感あふれるシーンが多く手に汗握る。特にメラニー・ロランがホテルに呼び出されてナチス将校達と会話するシーンが良かった。何気ない会話と表情の中に色んな思いや駆け引きが混ざり合ってて味わい深いものが。長回しも効いてたし。同じように酒場のシーンも秀逸で、タランティーノらしさ炸裂だ。

けど悪趣味な映画ではあるよなー。ナチス刈りとか頭の皮を剥ぐとかどうにも共感しづらいわ。思うにナチス兵が連合軍の兵士をバッタバッタと狙撃してる映画をご満悦かつ歓喜しながら鑑賞している総統はじめナチス高官らのシーンと同じようなノリでアメリカ人もこの映画を観て心から楽しんだんだろうなー。実際アメリカでも評価良かったらしいし、興行的にもタランティーノ作品では一番だったとかねー。

ー イングロリアス・バスターズ
Amazon: Prime Videoで観る >
Amazon: Blu-rayで観る >

利用している動画配信サービスからおすすめのVODを紹介。イチオシは…。
おすすめ動画配信サービス!>

映画好きならコダワリたい自宅の視聴環境まとめ。憧れはホームシアター。
自宅でも映画館気分!>

  • URL Copied!

この記事を書いた人

東京在住映画好きアラフィフ男子。最近はもっぱらVODでの鑑賞がメイン。でもやっぱりスクリーンで観たい。息子を映画好きにする計画実践中!

目次
閉じる