ロスト・イン・トランスレーション

ロスト・イン・トランスレーション

東京が舞台の物語。眠たい映画かと思ってたけどそんなことはなかった。ビル・マーレイのくたびれ気味な演技と、スカーレット・ヨハンソンの大人びた演技がイイね。ヨハンソンは撮影時18歳か。うーんエロい。全体的に雰囲気系の映画だけど嫌いじゃない。最期の雑踏のシーン、何を囁いたのだろうか…。

ただ全体的にはちと“ゆるい”かな。まあそれがソフィア・コッポラ監督の個性なんだろうな。素人っぽさというか手作り感というか、ガチガチじゃない自然な感じ。そーいう独特の雰囲気の中で、微妙で繊細な気持ちを上手く描いている。

2人の視線のからみとか、自制という距離を保ちつつの会話とか。 東京(日本)の描き方もそんなに違和感なかった。田舎モノの俺からすれば、東京出てきた頃は確かにこんな感じだったしなw

ロスト・イン・トランスレーション(2003)
監督:ソフィア・コッポラ
出演:ビル・マーレイ, スカーレット・ヨハンソン

使ってる動画配信サービスを紹介!(2023年5月版)> 
利用中の動画配信サービス(VOD)をご紹介。イチオシは…。

映画好きなら有機ELテレビこそが最強!(2023年4月版) >
映画好きなら自宅でも映画館気分に浸りたい。イチオシは…。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東京在住映画好きアラフィフ男子。好きな映画1位は『ゴッドファーザー』。最近はもっぱらVODでの鑑賞がメイン。でもやっぱりスクリーンで観たい。息子を映画好きにする計画実践中!

目次