ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

69年のシャロン・テート事件を背景にハリウッドで藻掻く往年のスターとそのスタントマンのある数日の物語。ディカプリオとピットの絡みは面白いけど、やっぱり見所はタランティーノ監督が事件をどう描くのかだ。事件に至るカウントダウンの件は緊張感と違和感がないまぜだったけどまさかのオチに驚愕w

全体的に派手な演出や無駄な会話は抑えめでタランティーノらしくない。でも、レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットのキャラクターがやたら際立ってるから、観ててまったく飽きない。もちろんマーゴット・ロビーの可愛らしさにも目を奪われまくりだ。

特にニヤニヤしたのが再現されたハリウッドの街並みや服装だ。撮影はハリウッド大通りの数ブロックを封鎖してかつクラシックカーも100台以上並べたらしく眼福の極み。CG嫌いのタランティーノとはいえそこまでやるかとw

ディカプリオとピットどっちのキャラもほんと良かった。TVから映画へキャリを変えよう足掻いて藻掻く様がほんと上手いなーと。とくにTVドラマ撮影シーンでの子役のジュリア・バターズとの絡みなんて最高すぎる。しかし、ディカプリオはどんどんジャック・ニコルソンに近づいているなw

そしてピットだよ。もう50半ばだというのどんだけ格好良いんだとw。己があって余裕たっぷりなキャラがめちゃハマってて眩しいくらいだった。無駄に脱いで筋肉魅せても許されるね。あの黄色いアロハシャツ欲しい。デニムはリーバイス、ジャケットはラングラーだった。欲しい。

 

以下、ネタバレ!!!

 

観終わって思うに、タランティーノはロマン・ポランスキーのことが好きなんだなーと。最後、マンソン・ファミリーがポランスキー邸じゃなくてリック邸を襲撃した時は「そっちかよ!w」って突っ込んだし、襲撃犯をこれでもかとボコボコにして終いには火炎放射器で……w。タランティーノ本領発揮の暴力描写が実に爽快。この暴力にはマンソン事件を否定するタランティーノの想い、そして映画愛が詰まってるよ。

タランティーノは過去にポランスキーの事件を養護する発言をして叩かれて撤回したことがあって、ポランスキー好きとしては残念に思ってた。でもこの映画を観てそんな思いも払拭されたよ。タランティーノ監督のハリウッドへの愛、ポランスキーへの愛、何より映画への愛が詰まってる良作だ。タランティーノなりのお伽噺なんだろうな。

ちなみに、ポランスキーの妻、エマニュエル・セニエはこの映画に対して批判メッセージを出している。

「タランティーノは人の悲劇を利用し、人の気持ちを考えずに傷つけている。私が言っているのはハリウッドの人たちはロマンと彼の悲劇を使って映画を作りながら、彼をのけものにするのをなんとも思っていないということ。そしてもちろんロマンに対しては何も相談していない」

まったくもって同感。一言くらい事前相談しとけば良かったのにな。でも今のハリウッドだとそれすらも難しいんだろう…。

ー ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
Amazon: Prime Videoで観る >
Amazon: Blu-rayで観る >

利用している動画配信サービスからおすすめのVODを紹介。イチオシは…。
おすすめ動画配信サービス!>

映画好きならコダワリたい自宅の視聴環境まとめ。憧れはホームシアター。
自宅でも映画館気分!>

この記事を書いた人

東京在住映画好きアラフィフ男子。最近はもっぱらVODでの鑑賞がメイン。でもやっぱりスクリーンで観たい。息子を映画好きにする計画実践中!

目次
閉じる