男たちの大和

男たちの大和

大東亜戦争末期に無残な最期を遂げた超弩級戦艦「大和」を舞台に短い命を散らす若き兵士達の人間ドラマを描いた戦争大作。映画館で観たけど、公開してしばらく経ってるのにほぼ満員。おまけにエンドロールが終わるまで誰も席を立とうとしない。こんなん初めて。すすり泣きも聞こえてきて俺も涙涙で……。

「当時、命がけで日本を守ろうとした男たちがいた」というテーマを伝える戦争大作。でも、昨年立て続けに公開された同じ戦争大作の『ローレライ』『亡国のイージス』が無残かつ悲惨な結果に終わっただけに、二度あることは三度あるのか?と心配してたんけど、どうやら杞憂だった。傑作と言ってもいいと思う。

見所の一つは凄まじい迫力の戦闘シーン。6億かけて作った実物大大和の成果あり。容赦無しにバタバタ倒れていく兵隊の姿が胸に迫る。がしかし!この作品のテーマはあくまで兵士たち。悲惨な最期を遂げる大和を舞台に、兵士たちがどう生きてどう死んでいったのか。これは涙なしでは見れんよ……。

思想的には左右のバランスを取ろうと苦心してる印象。分かるけど、やっぱり「靖国で会おう」の言葉が一つも出てこないのは違和感あるし、母親達が口をそろえて「死ぬんじゃない」ばかり言うのも興ざめだ。「御国のために頑張ってきなさい」という公私せめぎ合う言葉のひとつくらい聞きたかった。

ー 男たちの大和
Amazon: Prime Videoで観る >
Amazon: Blu-rayで観る >

利用している動画配信サービスからおすすめのVODを紹介。イチオシは…。
おすすめ動画配信サービス!>

映画好きならコダワリたい自宅の視聴環境まとめ。憧れはホームシアター。
自宅でも映画館気分!>

この記事を書いた人

東京在住映画好きアラフィフ男子。最近はもっぱらVODでの鑑賞がメイン。でもやっぱりスクリーンで観たい。息子を映画好きにする計画実践中!

目次
閉じる